独立行政法人国立病院機構松江医療センター/呼吸器病センター

お問い合わせは0852-21-6131まで

  • 外来案内
  • 入院案内
  • 診療科紹介
  • 診療部門紹介
  • 当院で診療している主な疾患
  • 更新情報
  • ご利用の皆さまへ
  • 医療関係者の方へ
  • 病院概要
  • 交通アクセス
  • 採用情報
  • トップ

看護部

看護部長挨拶

看護部の理念

私たちは、一人ひとりを大切にし、誠実で信頼される看護、専門性の高い看護を実践します。

看護部長挨拶

つ 築森 恭子.JPG当センターは、6年をかけたハード面の改築工事を終え、平成26年2月に新生松江医療センターとして再スタートしました。国の政策医療のうち、呼吸器疾患医療、神経・筋疾患医療、重症心身障害児(者)医療と、いずれも高い専門性を必要とする医療を行っています。

看護の対象は、急性期から慢性期、ターミナル期と幅広く、様々な看護が提供出来ることは当センターのメリットであると言えます。看護部に求められていることは、当院のチーム医療が、安全・安楽に実践され、真に患者中心の医療・看護を提供できるようソフトを充実させることです。そのために、患者さん一人ひとりの思いに寄り添い、安心と信頼と笑顔を届けられる看護師を育てたいと考えています。また、チーム医療の調整役として、人には色々な考え方や個性があることを理解し尊重した上で自分の考えを伝え、円滑なチーム医療となるようリーダーシップが発揮できる看護師に育って欲しいと思っています。当センターが誇る教育研修部のバックアップ体制のもと、看護師個々の知識・技術・感性を磨いていくことやスペシャリストの育成に力を注いでいきます。

さらに、地域における当センターの役割をしっかりと認識し、地域の皆様に愛される病院作りに貢献したいと考えます。最後になりましたが、ご指導、ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

                              

看護部長  築森 恭子