独立行政法人国立病院機構松江医療センター/呼吸器病センター

お問い合わせは0852-21-6131まで

  • 外来案内
  • 入院案内
  • 診療科紹介
  • 診療部門紹介
  • 当院で診療している主な疾患
  • 更新情報
  • ご利用の皆さまへ
  • 医療関係者の方へ
  • 病院概要
  • 交通アクセス
  • 採用情報
  • トップ

リハビリテーション科

リハビリテーション科のご紹介

スタッフ

リハビリテーション科医長 1名
理学療法士 9名
作業療法士 4名
言語聴覚士 2名

集合写真.jpg
部屋.jpg

業務内容(入院部門)

重症心身障害児(者)の機能回復訓練

訓練としては・現状より症状を悪化させないこと、・介助量の軽減を図ること。・少しでも快適な入院生活を送ること、を目標としてあげ、さまざまな身体障害に対する機能訓練、食事指導、装具、車椅子作成などを行っています。

筋ジストロフィー症児(者)の機能回復訓練

筋ジストロフィー(筋ジス)の方々の「生活」や「生き甲斐」をリハビリを通してバックアップ。「家族の方への介助のコツ」などもやってます。

神経難病患者の機能回復訓練

神経難病(ALS、パーキンソン病等)患者の機能回復及び維持のための訓練や呼吸機能の改善や維持のための訓練を行います。

呼吸機能障害に対する肺理学療法

慢性呼吸不全や気管支喘息などの患者さんに対し、呼吸介助や排痰を促したり、リラクセーションのために徒手的に胸郭を押さえる手技の肺理学療法を行っています。また日常生活動作における呼吸法の指導を行っています。

作業療法

心身に障害を持つ患者さんに対し、様々な作業活動を通して身体的、精神的、社会的機能訓練を行います。

また、日常生活に障害のある人には自助具の提供をしたり、やり方の工夫により自立を促します。

長期入院の患者さんには、生活が単調で退屈になりがちですが、目的を持って生活できるようサポートします。

患者さんを取り巻く様々な障害を可能な限り取り除き、活動範囲を広げて自立した生活が送れるよう援助していきます。

業務内容(外来部門)

小児発達外来

発達に遅れのある子供さんや障害児に対し、発達を促す訓練や家庭生活指導を行います。

一般外来

入院によるリハビリテーション(理学療法、作業療法)のほかに自宅から通院しても訓練が受けられます。

業務内容(その他)

摂食指導

脳性麻痺などの重症心身障害児(者)やその他疾患により摂食機能に障害を持つ方に対し、医師、看護婦、栄養士、歯科医師などと連携を組み、嚥下訓練、食物形態指導、食事姿勢や口腔ケアなどを行っています。