独立行政法人国立病院機構松江医療センター/呼吸器病センター

お問い合わせは0852-21-6131まで

  • 外来案内
  • 入院案内
  • 診療科紹介
  • 診療部門紹介
  • 当院で診療している主な疾患
  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用の皆さまへ
  • 医療関係者の方へ
  • 松江医療センターについて
  • 交通アクセス

療育指導室NEWS 2018

3階病棟院外行事 松江フォーゲルパーク

 628日(木)午後、院外行事で松江フォーゲルパークに行ってきました。
天候は当日午前まで雨でしたが、行事のときだけ、なんと晴れました。
皆さんの願いが通じたかのようです。
 フォーゲルパークに着くと様々な種類の花と鳥が
出迎えてくれました。身近でフクロウも何種類か見ることができました。
見学コースの道中にはたくさんの種類の花が見られ、
皆さん会話も弾みながら楽しい院外行事になりました。

(2018/7/13 保育士 河村一弘)

フォーゲル1.jpgフォーゲル2.jpg

デイケア イベント行事 「華麗に変身! 乙女たちのシンデレラ城へ」

 現在のデイケアにじは、6人の花も恥じらううら若き乙女たちばかりです。
今年のイベントは何をしようかを考えた時、
浮かんだのが「女子!」を強調したいということでした。

 綺麗に着飾ってせっかくならお化粧もしてフォト撮影しよう!
フォト撮影だけではつまらないので姫になってシンデレラストーリーになぞらえよう!
ということに決定。

 イベントまでの何回かの療育の時間に、各々自分のつけるネックレスを
紙粘土製作したり、シンデレラの各場面のバックの絵を描いたり色塗りしたり、
自分にあうガラスの靴を作ったり...当日までにやることは盛りだくさんでした。
衣装は療育指導室で保管してあったものをリメイクして、最大限のおしゃれなドレスに
みえるよう工夫を凝らしました。

 事前に保護者の方へ、当日衣装を着たりお化粧させて頂く旨の了解を貰うために趣旨を
説明すると、お母さんたちもとってもノッてくださり楽しみにしてくださいました。

 「お化粧するのは成人式以来だね~」「家からなにか持ってこようか?」
「ヘアもバッチリキメたいね」等々、とても協力してくださいました。

 いよいよ当日。診察が終わると、いつもの部屋がメイクルームです。
衣装を着替えお化粧パタパタ!ファンデーションののりもアイラインもバッチリ!
あちらこちらで「若いっていいね~」と羨望の声が聞こえていました。
普段、過敏があり身体を触られるのが苦手な患者さんのうまく着替えられるか、
お化粧できるかの心配は杞憂に終わりました。
 なかには赤いドレスに着替えた途端に「フッフッフ」と笑い声のでた人も。

 シンデレラストーリーになぞらえてのところはバタバタすることもありましたが、
フォト撮影は大成功!

 患者さんもとても落ち着いておられ、いつもの痙攣も見られず、お母さん方にも
とても喜んでいただき、「また企画してほしい」と言って頂き好評でした。

 お年頃の乙女たち。綺麗にするって自分もお母さんも嬉しいねって、痛感しました。

 女子をわすれてはいけないですね♡

                         (2018/6/30 保育士 寺本昌子)

DSCN1268.JPGDSCN1271.JPG

外出行事「イングリッシュガーデン」

平年より2日、昨年より15日早く梅雨入りした山陰。気象台から梅雨入りが発表された
翌日の
67日、外出行事で「松江イングリッシュガーデン」に行ってきました。
梅雨入りしたというのに当日は快晴。絶好のお出かけ日和となりました。

イングリッシュガーデンに到着すると色とりどりの花が迎えてくれました。
参加者の方々は、見て楽しんだり触って香りを楽しんだりと、
それぞれの楽しみ方で午後のひとときを過ごされました。

イングリッシュガーデンはロケーション(立地)も抜群で、
遠くには宍道湖に浮かぶように松江の町が見えます。

まだ行かれたことのない方はぜひ行ってみられたらどうでしょう。
お勧めのスポットです。

(2018/6/27 児童指導員 吉岡恭一)

【ブログ写真】イングリッシュガーデン.JPG

2階病棟 「プチ院内行事」   ~感謝を込めて母の日プレゼント作り~

 4月26日(木)に平成30年度第1回目の行事「プチ院内行事」を行いました。まず、
スタッフの自己紹介から始まり、今回のテーマ
「~ちょっぴり早い 感謝を込めて母の日プレゼント作り~」を行いました。
作り始める前に母の日のカーネーションの色の花言葉クイズを行いました。
「赤」「ピンク」「オレンジ」「青」「紫」等にそれぞれ花言葉があり母の日に
カーネーションを選ぶ際には、「各色の花言葉をしっかりと知っておくといいよね」と
話が盛り上がりました。
 今回、紙粘土を使用し「カップケーキのメモスタンド」をご家族と一緒に制作しました。
紙粘土には患者さんとご家族の指型がくっきり浮かびあがり、
世界に一つだけの素晴らしい心のこもった母の日プレゼントが出来上がりました。
 患者さん、ご家族の笑顔が絶えない行事となりました。

(2018/6/25 保育士 橋本由美子)

DSCN0908 - コピー.JPGメモスタンド作品写真.JPG

「弁慶を熱演!圧巻の紙芝居」

 65日(火)の朝の会にて、絵本作家として島根県内で活躍されていらっしゃる
菊田美恵子さんをお迎えし、3階病棟デイルームで紙芝居を演じていただきました。
作品名は「本庄弁慶誕生伝説」。菊田さんは原画を担当されたそうです。
 本作は弁慶が生まれ育った地として語り継がれている島根県松江市本庄地区を舞台に、
武蔵坊弁慶が生まれてから京の都へのぼるまでの経緯や、弁慶の母と弁慶自身がのこした
数々の伝説が描かれています。
「カンッ、カンッ、カンッ」というお囃子の音とともに紙芝居が始まりました。
絵は全部で13
枚。一枚一枚、丁寧に、そして力強く描きこまれた絵は圧巻で、
菊田さんの語りも相まって、いつの間にか物語の中に引き込まれていきました。
数々の弁慶の伝説に、患者もご家族もビックリ仰天。「えー!」、「そんな、まさか」
という声や笑い声が聞こえてきました。紙芝居が終わると、次はアンコール...!
と、いきたいところでしたが、そうもいかないので、次はドキドキの質問タイムに突入。
「絵は何で描かれているのですか」、「他にも作品はありますか」、
「とても上手でした。感動しました」という質問や感想が患者さんから出ました。
今回、菊田さんには紙芝居を披露していただき、観劇の楽しさ、普段とは違った朝の会の
雰囲気をみんなで味わい共有することができてよかったと思います。
患者さんからもご家族からも大好評でしたので、
皆さんすでに今から第二弾を心待ちにされているようです。次回もお楽しみに~!

 (2018/6/14 保育士 小林絵美)
DSC06116 2 .jpg

3階病棟 「松江堀川遊覧船」に乗ってきました。

 5月24日(木)、3階病棟6名の方が遊覧船に乗り、松江城を取り囲むお堀を約45分周遊
しました。船の乗り降りには時間がかかりましたが、船の上では、船頭さんのガイドを
聴きながら、川面を渡る風を心地よく感じ、水辺を彩る樹木の新緑や水鳥、カメなど自然の
景色を楽しむことができました。特に、低い橋の下で体をかがめながら通った時には歓声が
上がり、笑顔になる方やホッとした表情になる方など様々でした。
松江お堀巡りで気分転換が図れるひと時を過ごすことができました。

(2018/6/14 主任保育士 渡部みどり)

DSCN1144.JPG

3F院外行事プラバホール

 5月10日(木)に院外行事で松江市総合文化センター プラバホールに行ってきました。
建物も美しいですが、広いホールに入った瞬間に大きなパイプオルガンの存在感と美しさに
とても驚きました。みなさんしばらく見入っていました。音楽教室の前半は観客席から
オルガニストの演奏を聴きます。とても美しい音色に聴き入ります。
後半はステージの上に上がり、パイプオルガンの前まで行きました。再び存在感に驚きです。
みなさんステージ上でゆっくり演奏を聴きます。床に寝転んだり家族の膝枕で横になったり
みなさんリラックスされていました。
 美しい音色に包まれながら、とても充実した時間になりました。

    (2018/6/12 保育士 河村一弘)

DSC06033.JPG

3F院外行事由志園

 4月26日(木)は今年度最初の院外行事でした。前日まで雨がかなり降っていて心配しましたが、皆さんの願いが叶ったのか、当日はとても良いお天気になりました。
 由志園に着くと、早速たくさんの色鮮やかな牡丹や様々な花が出迎えてくれました。経路の途中には100種類の色鮮やかな牡丹が展示されていて、自分の好きな一輪を選ぶコーナーがありました。皆さん花の鑑賞をしながら会話も弾みとても楽しい時間が過ぎていきました。1時間があっという間に感じるほど充実した時間になりました。

(2018/6/7 保育士 河村一弘)

DSC05952.JPG

「そうだ プール、行こう。」

桜が満開のこの日、気温は常夏の温水プールで平成29年度最終の

水泳指導が行われました。

人事異動の春、旅立つスタッフは松江での思い出を噛みしめていたことでしょう。

様々な思いを胸にプールではみんなの笑顔と、声がこだまして、

ここでも花が咲きました。

今回はプールのプログラムの概要を三つに分けて説明します。

①リラックス(静)

 背面姿勢で(上を向いて)水に浮きます。バランス感覚とリラックスが必要です。

 基本はスタッフが保持しますが、一人で浮くことができる方もいらっしゃいます。

②運動(動)

 患者さんの強み、個性を活かして運動します。手足を動かす、水中に潜る(呼吸法)

 回転運動など、できることをしていただきます。

 患者さんの中には段々と上手くなって、一人で泳がれる方もいらっしゃいます。

 挑戦する時間です。

③グループ活動(遊)

 全体活動です。ボール投げ、リレーなどゲーム要素を取り入れます。楽しむ時間です。

この日のグループ活動はキャッチボールでした。

Aさんは、水面のボールを手でチョン~と弾く→

Bさんは、膝で勢いよくボールを蹴る→

Cさんは、「ボールが大きくて握りにくい」と言われつつも、スタッフの補助で投げる→

といった姿がありました。・・・「こんなこともできるのだ」と新たな発見!!

患者さんに「プールに行きたい」「楽しい」と思っていただけるよう、魅力のある

水泳指導をしたいと、新年度を迎え決意を新たにしました。

患者さんに寄り添いながら、かけがえのない花を一緒に咲かせたいと思いました。

                      (2018/5/15 水泳指導員 安達浩史)

3階病棟院内行事「春祭り会」

 38日(木)、院内行事「春祭り会」を行いました。これまで3階病棟の劇では患者さんや
職員が衣装を着て、小道具を活用して様々な劇をやってきました。
今回はペープサートといううちわ型人形劇を用いて行いました。劇の物語は一休さん。
「好き、好き、好き...一休さん♪」というアニメの主題歌で有名なとんちんかんちん一休さんの
曲と共に劇が始まりました。
お馴染みの『このはしわたるべからず』は誰もが知っているとんち話ということもあり、
患者さんや家族の皆さんの頷きや「そうそう」という声があがっていました。

 劇のあとは、トランプゲーム「神経衰弱」をしました。
この日のために日々の療育活動で手作りのトランプを患者さんと一緒に制作しました。
そのトランプは春祭り会に合わせて、春に関する様々な絵柄で彩りました。
菜の花、桜、ちょうちょ、桜餅など季節ものと劇で登場した一休さんの絵柄もありました。
ゲームを楽しむだけでなく春を感じながらゲームを楽しんでいただけたように感じました。
そして、ペアが揃うと大きな歓声があり盛り上がっていました。

 懐かしい一休さんの物語やワイワイとした雰囲気で行ったトランプゲームで、
平成29年度院内行事を締めくくりました。春を感じつつ、笑いもたくさんあった春祭り会となりました。

(2018/3/23 児童指導員 栗山百合恵)

DSC05708.JPG

2階病棟 春祭り会

 39日(木)「春祭り会」~お花ルーレットで楽しもう!ドキドキゲーム~を開催しました。
さくらチームとチューリップチームに分かれてポイントをかけながら点数を競い合いました。

 午前中のお部屋回りから続き、午後からのデイルームでも盛り上がり白熱しました。
今年度、最後の行事ということで、勝利したチームより療育指導室スタッフへ質問コーナーを
設け、「好きな食べ物は何ですか?」などの質問があり、和気あいあいとした雰囲気で会場に
いた皆さんと一つになれた素敵な行事になりました。

 ルーレットを緊張しながら回して下さった、患者さん・ご家族・養護学校の先生方ありがとうご
ざいました。
                                    (2018/3/23 保育士 橋本由美子)

DSCN0610.JPG

3階病棟「お楽しみ会」

 2月8日(木)、降り続く大雪の中...お楽しみ会がありました。今回は、普段の生活では

体験することのできない錯覚や錯視など不思議な感覚を味わっていただきたいと思い

「トリックアート展」を企画しました。

「だまし絵コーナー」「錯視コーナー」「不可能立体コーナー」「トリック写真コーナー」

「トリックお散歩コース」など、盛りだくさんの内容で皆さんをお迎えしました。

特に盛り上がっていた「だまし絵コーナー」では、パフォーマーと利用者、

ご家族が一体となって、笑顔に包まれた楽しいコーナーになりました。

そして今回の「トリックアート展」の目玉企画は、利用者の皆さんが療育の中で

何回も撮り直しをして完成させた「トリック写真コーナー」でした。

遠近法を利用して、器の中に入っているような写真、魔法のじゅうたんや、

月に乗ってお散歩している写真など、現実ではありえない写真ばかりで、

とても好評でした。雪のために、残念ながらご家族の参加は少なかったですが、

利用者の皆さんには不思議なトリックの世界を楽しんでいただけたと思います。

(2018/2/27 保育士 越野幸子)

DSC05641 - コピー.JPG

DSC05654.JPG

2階病棟 院内行事「お楽しみ会」 2月8日(木)

 「2月の行事を楽しもう!」というテーマで、午前中は部屋回り、

午後からはデイルームにてお楽しみ会を開催しました。

午前中の部屋回りバージョンでは、「節分ボウリング個人戦」を行いました。

ルールは倒した鬼(ピン)の数により、療育指導室スタッフ(例えば5本倒したら○○保育士)

と一緒に、鬼に変身して冬の歌をうたうこととしました。

患者さん一人ひとり順番に行っていきましたが、最初の3人は連続でストライクがでました。

ストライクが出たら「Y児童指導員といっしょに歌をうたう」と決めていたので、

Y児童指導員より「仕組まれているのでは?...」との声がありました。

その後ストライクは出ず、他の職員も患者さんと一緒に冬の歌をうたい、

穏やかなひと時を過ごすことが出来ました。

 午後からのデイルームバージョンでは、

赤鬼チームと青鬼チームの2チームに分かれての対抗戦を行いました。

前半戦はバレンタインに関する○×クイズで、

「チョコレートを食べるとニキビが出る?(答えは×)」などの問題を出題されました。

両チーム7問中2問の正解で、「2020」の同点のまま、後半戦に入りました。

後半戦は「節分ボウリング団体戦」でした。両チーム輪になって向かい合い、

各チーム交互に一人1回ずつデイルームに並べられた鬼のピン(ペットボトル)

目がけてボールを転がしました。

ルールは相手の鬼のピンをたくさん倒したチームの勝ち

(自分のチームのピンを倒すと相手の得点とする)としました。

ピンをたくさん倒して喜んでいる人、自分のチームのピンを倒して悔しがっている人など、

勝負は大接戦の末、青鬼チーム170点 赤鬼チーム140点、

合計得点 青鬼チーム190点 赤鬼チーム160点となり、

青鬼チームの優勝!!となりました。 

 最後に負けた赤鬼チームの皆さんに「おにのパンツ」を踊っていただき、

和気あいあいの中「お楽しみ会」は無事終了しました。

(2018/2/27 主任保育士 大塚克洋)

P1020080.JPG

DSCN0537.JPG

レジェンドクラブ 「僕らがつくる伝説!!」

レジェンドクラブは患者さん4名、職員4名で活動を行っています。

グループ名にあるとおり「伝説になる活動」を意識しながら様々な活動を行っています。

その一つで素敵な花をたくさん咲かせて伝説をつくろうと、

今年度の春〜夏の暖かい時期は園芸活動を行い、

ペチュニア・マツバボタン・バーベナを育てました。

写真はペチュニアと開花前のマツバボタンです。

担当者は園芸という活動が初めてのことで無事に

花を咲かすことができるだろうか...、とドキドキしていました。

しかし、そんな心配はなく8月には綺麗な赤色のマツバボタンと

ピンク色のペチュニアが咲きました。

バーベナは愛情を注ぎすぎてしまいそれに耐え切れず、残念ながら枯れてしました。

来年は適度な愛情でバーベナを綺麗に咲かせたいなと思います。

そして、ペチュニアとマツバボタンは愛情を与えすぎて枯れないように

育てていきたいです。これらの植物以外に育てるのが少し難しいかな?

と思う植物にもチャレンジしてみたいと思っています。

見事に咲かして伝説をつくりたいと思います!

これからの季節は寒くなってきましたので屋内で制作活動を計画しています。

びっくりするような物を作ろうと考えていますが、

どんな物ができるかは計画中です。楽しみにしていて下さい。

P1180540.JPG(2018/2/16 児童指導員 栗山百合恵)

2階病棟 新年あけましておめでとうございます!

  リフレッシュクラブ「書初め会」

新年早々1月4日のリフレッシュクラブでは、書初め会を行いました。

参加した患者さんと職員が、今思っていることや今年の目標など、各自の思いを半紙に表現しま

した。「元気」「戌年」「年女」「起」「笑」などなど......。

松丸君(当院マスコットキャラクター)の飛び入り参加もあり、賑やかな書初め会となりました。

DSCN0433.JPG             飛び入り参加の松丸くんは「なかよし」と書いてくれました。

 

  フレッシュ女子会「風船羽子板大会」

1月9日今年最初は、昨年末に制作した羽子板を使用して風船羽子板を行いました。

対象の患者さんと職員が二人一組となり、ゲームスタート。試合は職員の方が熱くなり?

エキサイト......。シーソーゲームの末、○○さんチームの勝ち!!となりました。

フレッシュ女子会画像(新年).jpg

以上、外は雪が降り寒い日が続いていますが、

年明けより'賑やかでほっこりとした療育'の報告でした()

(2018/1/31 主任保育士 大塚克洋)

あけましておめでとうございます!

2018年が始まりました!

今年も日々の療育や行事の様子を中心に、内容盛り沢山でお届けしたいと思います。

「療育指導室NEWS2018」をよろしくお願いします。