独立行政法人国立病院機構松江医療センター/呼吸器病センター

お問い合わせは0852-21-6131まで

  • 外来案内
  • 入院案内
  • 診療科紹介
  • 診療部門紹介
  • 当院で診療している主な疾患
  • 更新情報
  • ご利用の皆さまへ
  • 医療関係者の方へ
  • 病院概要
  • 交通アクセス
  • 採用情報
  • トップ

療育指導室

重症心身障害の方への看護

病棟

重症心身障害児(者)の方が入院されている病棟です。

当院の重症心身障害児(者)病棟は、昭和42年に開設され、現在平均年齢が40歳前後となり、生活習慣病の予防が必要な方がおられます。また、超重症児(者)の患者様も増えており、人工呼吸器を装着し治療を受けておられる方もいらっしゃいます。毎日の環境調整や食事、排泄、清潔ケアなど、基本的でかつ細やかな観察とケアが一人ひとりのQOL(生活の質)を保証することに繋がります。また、年間延べ105日、延べ38名の方の短期入所も受けています(2007年度実績)。

ab_se_ry_sh_ka01.jpg ab_se_ry_sh_ka02.jpg

1日の課題

時間内容
6:00 起床
7:00 朝食・排泄指導
8:00 洗面
9:00 オムツ交換、検温等
入浴
10:00 朝の会、登校(学齢児)
11:15 昼食・摂食指導
排泄指導
下校(学齢児)
13:00 オムツ交換・個別指導
登校(学齢児)
14:00 おやつ、個別指導
14:30 グループ療育
15:30 下校(学齢児)
16:00 オムツ交換
16:45 夕食・摂食指導
排泄指導
自由時間
20:00 オムツ交換
21:30 消灯

*理髪は理容師により、1ヶ月に1回、病棟内で行います。
*入浴はお一人週3回行います。