独立行政法人国立病院機構松江医療センター/呼吸器病センター

お問い合わせは0852-21-6131まで

  • 外来案内
  • 入院案内
  • 診療科紹介
  • 診療部門紹介
  • 当院で診療している主な疾患
  • 更新情報
  • ご利用の皆さまへ
  • 医療関係者の方へ
  • 病院概要
  • 交通アクセス
  • 採用情報
  • トップ

肺気腫・慢性気管支炎

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは、息をするときに空気の通り道となる「気道」に障害が起き、ゆっくりと呼吸機能が低下する病気です。以前は「慢性肺気腫」「慢性気管支炎」と呼ばれていた病気を、まとめてCOPDと呼ぶようになりました。

COPDの主な原因は喫煙です。症状は、咳・痰や息切れですが、ゆっくりと病気が進むため、重症になるまで気づかなかったり、歳のせいにされたりすることが多いようです。喫煙者で、咳・痰や息切れを感じられる方はCOPDの可能性があります。

 

診断

診断は呼吸機能検査で簡単に行うことができます。

 

治療

COPDの根本的な治療法はありませんが、禁煙により進行を抑え、気管支拡張剤や酸素を用いて息切れを和らげることができます。COPDは、早期に診断し禁煙することで予防できる病気です。

> 息切れ外来へ