独立行政法人国立病院機構松江医療センター/呼吸器病センター

お問い合わせは0852-21-6131まで

  • 外来案内
  • 入院案内
  • 診療科紹介
  • 診療部門紹介
  • 当院で診療している主な疾患
  • 更新情報
  • ご利用の皆さまへ
  • 医療関係者の方へ
  • 病院概要
  • 交通アクセス
  • 採用情報
  • トップ

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中、本人はまったく無意識のうちに数十回も呼吸が止まってしまう病気が睡眠時無呼吸症候群です。しばらく呼吸が止まると脳からの信号が出て呼吸は再開しますがこれを何十回も繰り返しているようでは十分な睡眠をとることはできません。

症状としては大きく激しいいびき、無呼吸、昼間の強い眠気・居眠り、疲労感や集中力の低下、頭痛や口渇などです。

睡眠時無呼吸症候群は寿命を短くすることが知られており、高血圧・虚血性心疾患・脳梗塞のリスクファクターになるという身体的問題点と、運転中や作業中の眠気が労働災害・産業事故につながるという社会的に重要な面をもっています。まずは症状から疑わしければ検査を受け、診断をつけることが大切です。

 

診断

精密検査が必要となった場合には、後日1泊入院していただき、ポリソムノグラフィー(PSG)という検査で睡眠状態を調べます。ポリソムノグラフィーとは、脳波、心電図、胸部・腹部の動き、鼻からの空気の流れ、血液中の酸素飽和度などを一晩連続的に記録する検査です。

 

治療

睡眠時に鼻マスクを装着するCPAP療法や歯科で作製してもらう口腔内装具、また耳鼻科的な外科手術があります。

> 睡眠時無呼吸外来へ